ツイッター

FBとツイッターって同じSNSなのにどうしてこうも違うのか。
アメリカの企業はこういう全くコンセプトの違うものを2つ用意できるって
とこが凄いと思う。個人的感想だけどFBは
同じ地域の知り合い同士を巻き込みまくっていく。それは何かしら利害のある人を引き寄せてくるツールだとしか思えない。最終的にはビジネスにしか使えない。
いっぽうツイッターは心の奥底にあるものを引き出していって人間的な一面を
思い出させてくれた。ある企業のツイッター見てたらこんなにも人の事考えて
製品つくってくれてたんだ。涙がでてきた。適当に使って捨ててきた
その会社のペンに申し訳がないような気すらしてきた。
こんな風に、いい年を取った大人がまだ感じられる感性が自分に残っていて
ありがたい気持ちでいっぱい。こうやって人間的な感性を忘れさせず育ててくれた親にも感謝。ツイッターにも感謝。ペンの会社にも。こんなにも人の事考えて作ってくれたペンに守られてきたのは間違いない。